This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more

[インモビ調査] モバイルが映画に与える影響

投稿日 November 22, 2012
By Tetsuo Kaji

映画の予告編や上映情報をモバイルでチェックするユーザーが、スマートフォンの普及と共にさらに増えています。それに伴い、モバイルユーザーの映画に関するモバイルの活用の幅もさらに広がっています。ここ最近ではソーシャルメディアの影響も大きく、映画のキャンペーンにも多様化が見られます。

インモビは、映画館に映画を見に行く消費者がどのようにモバイルを活用しているのか、米国内の373人を対象にIABと共同で調査を行いました。
今回の調査では、以下のような興味深い結果が見られました。

  • 男性の方が主要な映画関連アクティビティにモバイルデータを多く利用していると回答
  • 月に1回以上映画館で映画をみる「一般的な映画ファン」にとって、モバイルは非常に重要なツールであり、映画を選択する際、70%が過去6ヶ月の間で最低1回モバイルを利用し、30%は「ほとんどの割合で」または「常に」モバイルを利用していると回答
  • モバイル端末で映画の予告編を見るモバイルユーザーのほとんどが、予告編の前に広告を見てもかまわないと回答
  • 映画の選択において、モバイルユーザーは年齢に関わらずモバイルを利用しているが、年齢層の低いユーザーの方がSNS等含め積極的にモバイルを活用

以上の結果から、映画ファンとモバイル利用は非常に結びつきが強く、映画のキャンペーンにはモバイルが欠かせない事がわかります。映画の内容によってもモバイルでのキャンペーン展開を上記の結果を考慮しプラニングをする必要があるかもしれません。

また、今回の調査では、上映時の映画館内でのモバイル利用についても調査を行なっており、デュアルスクリーンによるキャンペーンプランを考える鍵になりそうです。

調査結果の詳細はこちらからダウンロード
<モバイルが映画に与える影響(インモビx IAB調査)>

Fill the form, and one of our mobile experts in your region will get in touch with you shortly.



ページトップに戻る