This website stores cookies on your device to improve your website experience and provide more personalized services to you on this website and through other media. To find out more about the cookies we use, see our Cookie Policy.If you click "Accept", we will use your information to serve you better with improved and customized services and for marketing purposes. If you click "Decline", we will not track your personal information on the website except to the extent required to honor your preference so that we do not have to cause inconvenience by asking you to make this choice again unless you clear the cookies.Learn more

タブレット端末のメディア利用調査から考える、モバイルユーザー向けマーケティングプラン

投稿日 November 09, 2012
By Tetsuo Kaji

スマートフォンの急速な普及に続き、最近のアップル、アマゾンの7インチタブレットの発売や発表によって、タブレット端末が再び話題にのぼり、今後の急速な普及とタブレットによるメディア利用とショッピングの急増が期待されています。マーケティング担当者も今後はタブレットを含めたモバイル端末へのマーケティングを考え、プラニングしていく必要があります。

今回インモビは、リサーチ会社のMobextと共同で行ったタブレット・スマートフォンによるメディア消費動向調査から、マーケティング担当者のためのインサイト資料を作成しました。

今回の調査結果では主に以下の事がわかっています。

  • タブレットユーザーの約半数は毎月タブレットでオンラインショッピングをしていると回答
  • タブレットユーザーの42%はテレビを見ながらタブレットを使用していると回答
    (下図1)
  • タブレットユーザーの大半は、エンターテイメントの視聴にPCやスマートフォンよりもタブレットを主に使用すると回答

図1

これらの調査結果から、購買行動やメディア消費においてタブレットユーザーがどのようにタブレット端末を使用しているかがわかります。これに既存の調査結果を組み合わせることによって、マーケティング担当者のモバイルマーケティングプランへの今後のヒントが見えてきます。

詳細については下記の資料をご覧ください。

<タブレットサマリーPDF>
<モバイル端末調査結果PDF>



ページトップに戻る