This website uses cookies to ensure you get the best experience on our website. Learn more

アドテック東京 2012 出展レポート

投稿日 November 02, 2012
By Tetsuo Kaji

昨年に引き続き、インモビはアドテック東京2012に出展しました。

今年は東京国際フォーラムで開かれ、2日間の来場者数も速報では昨年の2倍近い21,434人と、新しい広告テクノロジーやマーケティングに対する関心の大きさを改めて感じさせる結果となりました。インモビのブースはイノベーションエリアのほぼ中央、ワークショップブースのすぐ近くで、周囲にはツイッターやアマゾン、楽天のブースも見えました。

インモビブースでは、リッチメディアをメインに展示
インモビのブースでは、主にモバイルリッチメディア広告のデモをiPad、iPhone、アンドロイド端末で紹介しました。ブースにお越しいただいた多くの方々に、InMobi Studioによるリッチメディア広告事例をご覧になっていただけたと思います。おかげさまで、準備した会社案内1,000部はイベント最終日の途中で在庫が無くなり、急遽、弊社オフィスでカラーコピーしたものを補充しました。また、販促グッズとして、インモビのロゴが入ったA6サイズのノートをお配りし、大変好評でした。

インモビ アジア太平洋地域代表アトゥール・サティージャによるワークショップ
Atuls presentation photo
初日のワークショップにて、インモビ アジア太平洋地域代表のアトゥール・サティージャが「モバイル広告におけるリッチメディアソリューション」と題したプレゼンテーションを行いました。スマートフォンの普及により、急速に高まっているモバイルでのメディア消費に対する、今後のモバイルリッチメディア広告の重要性について、InMobi Studioの広告事例動画を交えて紹介しました。このあと、メディアからのインタビューを受け、日本におけるモバイルリッチメディア広告の可能性を再度説明しました。

今回の出展で、ブースにおける来場者の方々からモバイルリッチメディアに対する関心と期待を実感したアドテック東京2012でした。

Fill the form, and one of our mobile experts in your region will get in touch with you shortly.



ページトップに戻る